So-net無料ブログ作成
検索選択

オススメ

話題の製品 ブログトップ

ノンフライヤーとノンオイルフライヤー



油を使わずに揚げ物ができる PHILIPS 「ノン・フライヤー」
ご存知でしょうか?

しばらく前にテレビで紹介されて、
発売前から予約が殺到し、
店頭に行ってもなかなか買えなかったようです。


「これで揚げたエビフライって実際どうなの?」
・・って話は置いといて、


このたび CBジャパン という別のメーカーから、

Non Oil Fryer 「ノン・オイル・フライヤー」
なる製品が発売されているのを見つけました。


家電量販店の店頭には、
元祖のPHILIPSと並べて置いてありました。

デザインが若干違うのは当然ですが、
他は・・


「まったく一緒!」


後ろを見たり、底をみたり、開けてみたりしても、
明確な違いが見つけられません。

もともと、
電気コンロのような渦巻き状のヒーターがあり、
その上からファンを当てて、
食材に熱風を当てるという非常に単純な構造なので、

オーブントースターのように、
どれも同じといえば同じです。



強いて言えば明確だと思った違いは、
設定温度の範囲でした。

ノン・フライヤーが 80℃〜200℃
ノン・オイル・フライヤーが 90℃〜210℃

後発品の方が、10℃高温シフトしています。



互いに持っていない温度、80℃と210℃

さて、

80℃で揚げるのが望ましいメニュー、
210℃で揚げるのが望ましいメニューには、

どんなものがあるのか・・。

思い当たらず、ネットでも見つからず、、



結局、揚げ物だから、
何となく高温を出せる方が、高機能な印象。

あくまでも印象・・



お店の人の話では、
メーカーに問い合わせたけれど、
担当者も「同じ」と言ってるくらいで、
明確な違いはないとのこと。



カタログを見て数字とか比べちゃうような人は、
きっと温度に目をつけるでしょう。

知ってるメーカーなら安心だと、
PHILIPSを選びたい人もいるでしょう。

価格は後発品が 3,000円ほど安くなってますね。



私としては、
やっぱりオリジナルの方がいいな・・と。

後からでて、同じで、安いだけってのは、
選びたくないタイプです。
「値段だけ」色が前面に出てるのはパス・・と。

価格を上げて高級感があるとか、
デザインが素敵だったりすればいいんですけどね。



話題の製品 ブログトップ

Ads

Copyright © ネタのマジカル All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。